So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

オーストラリア産和牛(WAGYUワギュウ)とは?日本は統一マークで対抗! [生活]

o0600039812009905866.jpg

【オーストラリア産和牛(WAGYU)って!?】


こんにちは、若竹です。
7月29日の「ガイアの夜明け」知られざる和牛業界についての特集!


なんと今、「オーストラリア産和牛(WAGYU)」が世界で人気!?
WAGYUとは?そして日本の対抗策は!?という内容です。


オーストラリアで牛肉と言えばオージービーフが有名ですが
いったい「オーストラリア産和牛」とはなんなのでしょうか?
スポンサーリンク





【WAGYUとは?】


そもそも「和牛」とは日本が独自に品種改良を重ねた食用としておいしい牛の「品種」のこと。
つまり「和牛=国産牛」ではないんです。
(和牛=特定の品種、国産牛=品種に関わらず日本で飼育された牛)


とはいえ、「和牛」は日本がつくった品種であり本来はいわば門外不出


肉として輸出はしても「種」を外国に渡すことは考えられなかったので、
かつては「和牛=国産牛」の公式が成り立っていました。


ところが1990年代、研究用としてアメリカに渡った「和牛」のDNAから
アメリカやオーストラリアに「和牛」の遺伝子(血)を持つ品種が広がりました。
(種が外国に渡った原因については他にも諸説あります)


とはいえ「和牛」は日本独自の品種で、育て方も外国の牛とは全然違います。
そのため外国産「和牛」の品質はピンキリで爆発的に和牛があふれる!
ということにはならなかったんですね(外国産和牛には質の悪いものもある理由)


ところがところが、オーストラリアの一部の熱意ある人々の手により、
豪州では質の良い「和牛」の生産に成功。


現在ではオーストリアでは赤身とボリュームの「オージービーフ」ではなく
柔らかく霜降り肉が特徴の「WAGYU」が人気を集めているそうです。


しかも、オーストラリアではこれを台湾をはじめとするアジア圏に輸出もしています。
まだまだ「和牛」の頭数でいえば圧倒的に日本の方が多いとはいえ脅威であるというわけです。
(さらに「種=DNA」自体を輸出されれば例えば名ばかり中国産和牛とかもでてくる事態に・・・


※ちなみにオーストラリアでも「和牛」は高級品。
※外国産和牛でべらぼうに安いものは「名ばかり和牛」で味が劣る可能性が高い。
※でも国内産和牛と高品質WAGYUを比べればWAGYUの方が安いのは事実。
(味が同じというわけではない)

【対抗策は?】


この危機的事態を受け農林水産省ではガイドラインを改定(2007年)
「和牛」表記の条件に品種だけでなく「国内で飼育」したことを加え、


「外国産和牛」の国内流通をストップさせました。
しかし、問題は「輸出」面。
「世界の和牛」を日本ブランドとして売り出そうにもオーストラリアなどが競合してきます。


そこで日本政府は本腰を入れてこれに対抗。
和牛を日本の輸出物中でも重要な位置に置き、
2020年には輸出額を現在の5倍に拡大する計画を立てます。


というのも2014年6月からEUという巨大な市場への輸出が解禁されたのです!
そこで開発されたのが「和牛統一マーク」
mark.png
↑現在産地別に「宮崎牛」「神戸牛」などとラベル付しているのとは別に
「国産牛の和牛」を証明する目印となります。
果たして世界市場で「ニッポン・ブランド」を確立することはできるのか?


番組ではその戦いの最前線の模様が放送されます。

【和牛こぼれ話】


和牛と定義される品種は

黒毛和種和牛全体の95%を占めている(!)松阪牛、米沢牛、飛騨牛など
褐毛和種:熊本県・高知県。成長が早い。
日本短角種:岩手県・青森県・北海道。放牧に向いている。
無角和種:山口県。角が無い。現在頭数が少ない。

の4種。


また、日本在来種としては

・鹿児島県口之島産の口之島牛
・山口県見島産の見島牛

がその特徴を残している品種で、見島牛は天然記念物に指定されている。

【まとめ】


そういえば、1時期国内でも見かけたような・・・
でも何かすぐなくなったような「外国産和牛」


裏ではオーストラリアとの競合が発生していたんですね。
世界で和牛が人気になるのは嬉しいですが、
「オーストラリア産和牛」にはやっぱりちょっと違和感を感じますね。


果たして世界市場で日本ブランド「和牛」はWAGYUに勝てるのか!?
ガイアの夜明け、見逃せません!

スポンサーリンク




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 2

コメント 6

Issac

Ꭼverybody laughrd trүing tto thіnk about what kind of birthday
party Ꮇary and Joseph gave for Јessus when He was six.
Larry puzzⅼed, ?I wɑger he appгecіated the same type of toys we liҝe.
by Issac (2017-09-17 08:52) 

Raymon

It�s difficult to find experienced people in this particular topic,
however, you sound like you know what you�re talking
about! Thanks
by Raymon (2017-11-12 19:39) 

Elaine

Hello! I've bеen folloᴡing үߋur blog
for a long timе now аnd finaⅼly ɡot the courage tto go ahead аnd
ցive you a shout oout fгom Houston Tx! Justt wsnted tօ say keep up the good job!
by Elaine (2018-01-06 17:37) 

Fausto

I all thе time used to reaⅾ paragraph in news papers but
now as I am a useг oof web therefore frm
now I am using net foor articles, thanks to web.
by Fausto (2018-06-06 09:10) 

Ona

Thеse are really great ideas in aƄout blogging.
You have touched some nice things here. Anny way keep
up wrinting.
by Ona (2018-06-06 11:18) 

Lanora

I need to to thank you for this excellent read!! I certainly loved every little bit of it.
I have you saved as a favorite to check out new things
you post…
by Lanora (2018-07-02 01:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。